ベトナムのコワーキングスペース事情

ベトナムにはコワーキングスペースが徐々に出てきています。
今回はそのいくつかを紹介していきましょう。

1.WorkSaigon
外資に勤めていた人たちが主にフリーランスに向けてはじめたスペース
印象としてはデザイナーや起業したての人たちがサービスをつくっているイメージです。
1階はカフェでコワーキングスペースになっており、2階が専用ブースとなっています。

IMG_9138

2.SaigonHub
ベンチャーを集めてHUBXXXのようなビジネスをやろうとしている。
大変残念なことに2014年春頃にクローズしてしまった様子。
ここでは欧米系の起業家がサービス開発にいそしんでいる片隅で頻繁にスタートアップのイベントが開かれていました。
新しいムーブメントだっただけに残念・・・・
立上げ当初から規模を大きくしすぎたようです。

IMG_5511 IMG_5512

3.サイバーエージェントベンチャーズ
日系ベンチャーキャピタルのオフィス。厳密にはシェアオフィスではなく投資先起業が入居できる場所のようです。現在はバスの比較サイトの会社がスペースの大半を使って
いました。w

IMG_9176 IMG_9177

4.普通のカフェ 高級版
このあたりは日本と変わりませんが、
スターバックスやローカルカフェで3USDくらいのドリンクを片手に仕事をしている人も見受けられます。ただ日本に比べると圧倒的に少ないですが。ここは日本のスターバックスとほとんど雰囲気が変わらず写真がありません。

5.普通のカフェ 庶民版
現地のカフェというとこういうのがデフォルトです。
まぁここで仕事する人はいませんね。

IMG_9241

ただまだベトナムのCo-workingスペースはまだまだ量、質ともにこれからです。
日本のようにそもそもフリーランスで働くという形態がまだあまりベトナム人には浸透しておらず、主に海外からくるNOMADな人たちが使っているといえるでしょう。

Pocket

Leave a Reply

ページの先頭へ戻る