自国に売ってないものがどうしても欲しい人へ『Backpack』

日本で暮らしているとあまり感じることはないかもしれませんが、自分の国では手に入らないものをどうにか入手しようと、個人輸入したり家族や友達に頼んで買ってきてもらったりする人がいます。実は日本にもそこそこいるのかもしれません。

そんなニーズに答えるサービスが、『Backpack』です。こちらは、「買いたい!」と「行きたい!」を結びつけるサービスです。つまり、買ってきてもらいたいと思ったら、旅行者に買ってきてもらえるのです。旅行者には持っていくものの寸法に見合う金額が支払われます。複数の商品をもっていくことで、$250ほど収益を得ている旅行者もいます。

screen-shot-2014-08-02-at-3-45-35-am

商品を購入する側は、どの国からなにを買ってきてほしいのかを指定し、商品の値段と旅行者の費用の支払いを行います。旅行者はフライトの時間や目的地を登録し、うまく需要と供給がマッチするようなら通知がされます。

2月から開始されたサービスですが、ユーザーの多くがバングラデシュからリクエストしています。また、中国での利用も徐々に増えているようです。

とはいえ、もちろん問題もあるでしょう。税関についてどうするのか、という問題。無申告でよいのでしょうか。そもそも、持ち込んでよいものなのかどうか、法律と照らし合わせる必要もあるでしょう。そして、安全性の問題。よくわからずに購入した結果、牢屋行きになることがあれば冗談では済まされません。

こういった諸問題があるから、このようなサービスが一般化してこなかったのではないかと個人的には思いました。

Pocket

Leave a Reply

ページの先頭へ戻る