シリアルアントレプレナーとそれを支援する仕組み

シリアルアントレプレナーとは、ITBIANRY辞典によると

<出典>http://www.sophia-it.com/content/%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%8A%E3%83%BC

シリアルアントレプレナーは、ベンチャー企業を立ち上げた後、事業を軌道に乗せることに成功すると、その事業から半ばあるいは完全に手を引き、また別のベンチャー企業の立ち上げに取り組む。あるいは、事業が不成功に終わり倒産することになった場合も、失敗を糧としてやはり次の事業をスタートする。

事業が成功して手を引く場合には、株式公開を契機として後任に経営を引き継いだり、他社に事業譲渡・売却を行ったりといったケースが多い。いくつもの事業を成功に導くために、一般的なベンチャー起業家にも増して、アイデア性、実行力、人脈、経営手腕、あるいは強靭な精神力が必要とされる。とある。

●平石郁生さん
・ウェブクルー(保険比較)、インタースコープ(リサーチ)、ドリームビジョンを創業

●スポットライト代表取締役 柴田陽さん
・バーコード価格比較アプリ「ショッピッ!」⇒タクシー配車アプリ「日本交通タクシー配車」「全国タクシー配車」などを手掛けた後2社売却し、店舗集客サービス「スマポ」を展開する株式会社スポットライトの代表を務める。

●iemo代表取締役 村田マリさん
・ウェブ制作事業、ソーシャルゲーム事業のコントロールプラス株式会社 ⇒ オンライン・メディア「iemo」をオープンして提供。

●フリークアウト代表取締役  本 田 謙さん
・コンンツマッチ広告事業に特化したブレイナー社を創業。⇒ヤフージャパンへ売却開発発部長。ITベンチャー企業への投資活動、広告技術についての講演活動⇒フリークアウトを設立。

●メルカリ代表取締役 山田 進太郎さん
・ウノウ株式会社を創業し「映画生活」「フォト蔵」「まちつく!」提供⇒、株式会社メルカリ(旧コウゾウ)を創業。

 

①起業は、いいときもあれば悪い時もあり強い精神力と信念が必要。

②起業家から投資家に転身する人が多いなか、敢えて厳しい起業というものにチャレンジすることは称賛に値する

③起業のハードルが低くなったとはいえ、まだまだ失敗してもそれを良しとする再チャレンジできる土壌が必要

 

なのではないかと思います。

再チャレンジする起業家を応援するプログラムはこちら。http://fi.co/

Pocket

Leave a Reply

ページの先頭へ戻る