Uber の飛行機版:『Flytenow』

米国では小型飛行機を利用した、Uberに似たサービスが生まれたようです。

本家の配車サービス『Uber』は、米国ではもちろん、日本でも少しずつ認識が広まっているようです。車社会の米国とちがうので、日本ではどのような展開がみられるのでしょうね。

さて、その「Uberに似たサービス」というのは、『Flytenow』。

Uberの飛行機版のようなサービスです。(えっ?!)

flytenow-top

米国では一般人が飛行機の操縦免許を気軽にとれるため、小型飛行機の操縦を趣味としている人が比較的多いのです。ところが、メンテナンス費用はもちろん、飛行するための燃料代も馬鹿になりません。

Flytenowは、免許は持ってないけど飛行機で気軽に移動したい、空を飛ぶ快感を味わいたい、という人を対象にしており、ある一定金額を支払うことで一般人が保有する小型飛行機に同乗できるサービスです。

操縦者はコストを一部負担してもらって嬉しい、そして同乗者は手軽に空の旅を楽しめて嬉しいわけです。

はじまったばかりのサービスで、まだまだ環境が整っているわけではないようです。正直、赤の他人に命をあずけることに対する不安はあると思います。個人的には不安がありますね…。

「しっかり整備できてるのかい…?」(´゚д゚`)

「腕に自信はあるのかい…?」(=ω=`;)

なんて、聞きたくなります。

日本の場合は小型機を保有している一般人はほとんどいないので、普及しないでしょう。そもそも、米国は大きいのでね。日本は小さいのでね。

なにはともあれ、数年前から徐々に知られるようになった、「ものをシェアする」という考え方が、ここまで発展してきました。今後もシェアして利用することで、みんなが得をするようなサービスは勢いを増していくのでしょう。

Pocket

Leave a Reply

ページの先頭へ戻る